Nikon COOLPIX950

1999年3月27日発売のはずでした。
ところが発売前に某量販カメラ屋では既に売り出していて、発売日3日後の週末に新宿、秋葉原と探し回ったが既に物はなし。…おそらく雑誌の事前のプレビューで評価ダントツだったのがユーザーに大受けしたんでしょう・・。どうしても諦めきれずに地元に戻ってわらをもすがる思いで探したが無い物はナイ!しょうがなく近くの店に予約をしたが、入手できたのはそれから2ヶ月以上も後でした。
しかしこのデジタルカメラは素晴らしい!!2ヶ月以上待った甲斐がありました。ただ、絞りの面ではやや不満が残ります。あとひと絞りできればいいんですが…。滝を撮影するには、NDフィルターが手放せません。


滝の撮影をするのはやはりそれなりの装備が必要で、私もそれなりにいろんなパーツを集めました。それでも足りない物はやはり自作するしかないようです。と言う訳で今まで買ったもの、自作した物を紹介いたします。
滝撮影用フルセット装着の図


Nikon COOLPIX用オプションパーツ
その他購入パーツ


Nikon ワイドコンバーター WC-24 0.66x
型名からして35mmカメラの24mm相当でしょうか?周辺の歪みがきついです。
でも、景色や建物を撮るにはこれがないと辛いですね。
フィルターを取り付けられないのが、今ひとつですがいずれ自作で何とかしようと思ってます。

Nikon テレコンバーター TC-E2 2x
2倍コンバーター。重いですね。フードを取り付けるとなかなかレンズが固定できません。 

Nikon フィッシュアイコンバーター FC-E8 0.21x
これは面白いです。コンパクトデジカメでこういうオプションがあるのはとても有り難いです。
このレンズを取り付けたままズームが出来るので、
180度の全円周から対角180度の画像まで様々な写真を撮ることが出来ます。

Nikon テレスコマイクロ 8×20D
付けるだけでCOOLPIXが900mm相当に・・。
でも、撮影が難しいです。まだ1枚もモノになってません。

 他、いろんなもの。
Nikon 純正フード HN-23
テレコンバーター用に購入。
これを装着し三脚で固定しようとすると、重みでレンズが下にさ
がります。

フィルター類
Kenko PRO ND2 62mm
Kenko PRO ND4 62mm
Kenko PRO ND8 62mm
kenko CIRCULAR PL 62mm
ステップアップリング
28→37mm 37→52mm 52→62mm
滝撮影には欠かせないフィルター群。テレコンバーターでも使えるように、そして将来買うであろうデジタル一眼レフにも使えるよう62mmで統一しました。28→62mm のステップアップリングがあれば良かったんですけど、さすがに・・。

三脚
Macfrotte 190B MINI PRO TRIPOD
Macfrotte BASIC HEAD #141RC
Macfrotte 3D SUPER JUNIOR HEAD
Made in Itary の黒くてかっこいい三脚です。

 他、いろんなもの。


自作パーツ

レリーズベース
遮光板
COOLPIX950はリモコンがありません。レリーズを取り付ける穴もありません。そこで市販レリーズをCOOLPIXで使えるようにするレリーズ固定台を作りました。2.0mmアルミ板製です。Vixenのホームページで見かけた製品を参考にして作成しました。 COOLPIXの液晶は晴天時の屋外ではほとんど見えません。そこで不細工ながらこんな物も作りました。ちょっと見づらい写真ですが・・。1.0mmアルミ板製です。