タグ DMC-GH3 の投稿をブラウズ中…

前回から10日以上経ってしまいましたが、今回は護衛艦「いせ」です。
ひゅうが型の2番艦。2011年就役、母港は呉。最新鋭艦の「いずも」「かが」の248mにはかないませんが全長197mの巨艦です。最大で11機のヘリを搭載することができます。

「みょうこう」同様、こちらも満艦飾の「いせ」です。

右舷中央部、艦橋下部にある縦型の入り口から乗艦します。
乗艦するとそこは格納庫。
格納庫前後にヘリを甲板に上げるための大型エレベーターがそれぞれ1基づつ、合計2基が設置されています。

こちらは後部エレベーター。
艦橋の前後にコントロールボックスがあり、エレベーターの動作を人が目で見ながら制御します。
F35が乗るサイズはあるのかな??

艦橋前部。

艦橋後部。

艦首付近のMk15ファランクスCIWS。
ファランクスは防御用の兵装ですが、本艦はヘリ空母なので攻撃用の兵装は無いのかなと思いきや、(写真はありませんが)艦尾には16セルのVLSが搭載されています。魚雷発射管も2基あるようです。

広大な甲板上にオフセットされた巨大な艦橋とSH-60Kヘリが1機。
子連れのお父さんお母さんはみんなヘリのコクピットに自分の子供を座らせようとして並びます。

「いせ」艦首から「みょうこう」を望む

「いせ」艦尾の自衛艦旗。
天気はあまり良くありませんでしたが、いい風が吹いていました。

午後にもう一度乗艦しようかとも思いましたが、体力の限界がきたので今回はこれで帰ることにしました。ヘリ空母は初めて見ることができたので思い切って行ってみてよかったです。
今回はそんな感じで…

 

さて、「みょうこう」ですが、艦尾側からの乗艦です。「みょうこう」は「こんごう型護衛艦」の3番艦。1996年就航で母港は舞鶴です。4年前に秋田港で2番艦「きりしま」を見た事がありますが、イージス艦を見るのはその時に次いで2回目です。

乗艦してみると、ファランクスCIWSのデモンストレーションをやってました。この後、左の人が「ミサイルが飛んで来る〜!危な〜〜い!!」と叫んで、ちょって恥ずかしそうにしていました。

マストに巨大な自衛艦旗が上がって風に棚引いていました。
今回見に行ったのはちょうど海の日にあたります。海上自衛隊では祝日には艦を満艦飾で飾り付けるのだそうです。

艦首側に回り込みます。
艦橋構造物と54口径127mm単装速射砲です。

「みょうこう」艦首から「いせ」を望む。
向かい合わせに停泊しているのがちょっと残念です。

下艦して次回は「いせ」です。

 

1昨年9月に体調を崩し、病院に検査に行ったところ大病を患っていることが発覚しました。それ以降、今日に至るまでの約2年間、入退院を繰り返し治療に努めてきましたが病状は一進一退、なかなか改善する兆しは見られません。このブログで病気にことについてこれ以上書こうとは思いませんが、なかなか辛い2年間を過ごしてきました。

そんな中、酒田港に護衛艦が今年も入港するという情報が入ってきました。
日時は7月17−18日の2日間、ヘリ搭載護衛艦「いせ」と、イージス艦「みょうこう」の2隻が酒田北港古湊埠頭1号・2号岸壁に入港します。

イージス艦は過去に見たことがありますがヘリ搭載護衛艦は未見なので、これはぜひ見に行かなければ…と、特に昨年は入院していて見に行けなかったので今年こそはとの強い思いが湧いてきました。そして当日に合わせて体調を整え、17日は雨が降りそうだったのでパスして18日に行くことに決めました。

そして当日は、あまり雨も降らず、特に体調を崩すこともなく無事に見に行って写真を撮ってくることができました。

さて、撮影してきた写真ですが、全体的に曇り空だったのであまりいい写真にはなりませんでしたが…
何故か向かい合わせで停泊する「いせ」と「みょうこう」です。

「いせ」は乗艦する人が多そうだったのでまずは「みょうこう」に乗艦する事にします。

艦上で撮影した写真は次回公開します。

護衛艦「はまぎり」の体験航海への出港とほぼ同時に一般公開の始まった掃海艇「やくしま」に乗艦します。掃海艇は初めて見るので、実は護衛艦よりも楽しみにしていました。

朝は見えなかった鳥海山がこの時間にはよく見えるようになっていました。

掃海艇とは言えさすが自衛艦、艦首に20mm機関砲で武装しています。

と言う訳で、明るいうちに自宅に帰り着きたいので、これにて帰宅です。
今回も十分に楽しむ事ができました。海上自衛隊の皆々様、どうもありがとうございます。

8月2日午後2時頃、護衛艦「はまぎり」が体験航海に出航します。

「はまぎり」は、(おそらく)自力では離岸できないので、タグボートで引っぱり岸壁から引きはがします。

若干後進した後、今度はタグボートで艦首付近を押し、港口に向けて180度回頭させます。港が狭くて自力では回頭できないのでしょうか?艦体が大きいためか掃海艇のような高い運動性能はなさそうです。

出航しました。
なんとなく来年はこの船が秋田港に来そうな予感が…!?