今回は、護衛艦「はまぎり」に乗艦です。

1回では満足できないので、都合2回乗艦しましたが、1回目ははまぎりの上甲板のみしか移動/見学できませんでした。
2回目を見て回っている途中で、ヘリコプターの飛行甲板、艦橋内が相次いで公開され、1回目で見終えていたら数々の見所を見逃すところでした。

順番は前後しますが、まずは前甲板のアスロック、そして62口径76mm単装速射砲。

艦橋構造物に登り、艦橋上部左右に2基装備されているファランクス。
そして、艦橋内部から前甲板のアスロック、速射砲塔を望む。この辺、狭い空間に人がたくさん押し寄せて大渋滞していました。

飛行甲板に登るための行列。艦尾のシースパローの周りをぐるりと囲みます。

飛行甲板上の「SH-60J」。機体番号は「25 8269」…あれ?先週秋田港で一般公開した護衛艦「すずなみ」に乗ってた「SH-60J」の機体番号も「25 8269」…同じ機体?もしかして使い回し?もしこれが機密に当たるのなら削除しますので関係者の方はご連絡下さい。

次回は、護衛艦「はまぎり」、体験航海に出航です。
但し、私は昨年同様岸壁で見送ります。

 

今回は、掃海艇「やくしま」の外観です。
掃海艇とは主に機雷掃討を主任務とする艦艇です。磁気対策のため船体は木製です。

気がついたらお客さんを乗せ始めています。確か、「やくしま」の体験航海は無かったはずだと思ったのですが、関係者、ご家族の方、あるいは入隊希望者を載せての体験航海かもしれません。

護衛艦と違い、サイドスラスター(水噴射式バウ・スラスターと言うらしいです)を装備しているようで、自力で岸壁を離れます。そして結構な機動力で180度回頭、体験航海に出発しました。

「やくしま」からこぼれたお客さんを拾い集めるためなのか、小型ボートが随行します。
こんなボートにもちゃんと自衛艦旗が…。

後日写真を公開しますが、「はまぎり」に乗艦、見学している途中に「やくしま」が帰航しました。出港時とは艦橋上の人の配置が微妙に変わっています。航海中に色々動き回ったんでしょう。

「やくしま」の出航シーンは予想していませんでしたが、見る事ができてラッキーでした。
次回は、「はまぎり」に乗艦です。

 

8月2日、酒田北港へ護衛艦「はまぎり」と、掃海艇やくしまを見に行ってきました。

朝5時起床、自宅を6時に出発、8時頃に酒田北港に到着と言うとても眠いスケジュールに加えて、当日は30度超えの暑い1日になりました。体力的には結構きつかったのですが、初めて見る艦船を目の前にするとなんとなく力が沸き上がってきます。

「はまぎり」は、8月2日の午後と3日の午前に体験航海があり、山形地本のサイトで参加者を募集していました。やくしまは体験航海の参加者募集をしていなかったのですが、実際には2日午前中に体験航海を実施していました。乗艦していた人は一体どのようにして権利を得たのかよくわかりません…が、自衛隊の関係者か、ご家族なのかも知れませんね。

そんな訳で、まずは護衛艦「はまぎり」の外観です。

次回は、掃海艇「やくしま」の外観です。

秋田港に海上自衛隊護衛艦「すずなみ」がやってまいりました。
一般公開が7月26日~27日の2日間、そして26日午後には体験航海もあり、応募したもののいつものように抽選から外れてしまいました。

護衛艦「すずなみ」を見るのは昨年の酒田港に続いて2度目。体験航海は外れたものの出航シーンを写真に収めたかったので、26日に見に行こうと思っていたのですが、急な用事ができてしまったので行けず、やむを得ず本日27日の午前中に見に行って参りました。

天気は基本的に曇り。晴れ間も覗くものの、時々雨が降り、それに加えてものすごい海風が吹き付けていて、場所によっては海水が飛ばされて身体に降り注いでくるという、あまり嬉しくないコンディションでした。

そんな中、2回乗艦して写真を撮ってきましたが、何せ2度目なので淡々と写真を撮影して、雨がひどくなってきたので、2時間ほどで帰宅しました。

そして、朝9時、新日本海フェリー出港です。

当日の風の強さはこんな感じ。強風でカメラも身体も持って行かれそうになりました。でかいMP4動画です。クリックは慎重に。

来週は昨年に続いて酒田港に、護衛艦「はまぎり」、掃海艇「やくしま」を見に行く予定です。

 

 

今年2月、雪よけのやりすぎで右股関節を痛め、その後、無理が祟って腰まで痛めることになり、今までどこにも出掛けることができずにいました。先月から病院に通い始め、ようやく少しくらいは出掛けても問題ないくらいに回復してきたので、家族の者を助手席に載せて久々にドライブに行ってきました。目的地は家族の者の希望で八郎潟にある大潟神社です。

途中、秋田港を通過した時に見慣れない巡視船を見つけました。酒田(第2管区)所属の「PS201 つるぎ」です。対北朝鮮不審船用に建造された高速船です。近くに小汚いロシア船が停泊していたので、もしかしたら違法操業をしているところを拿捕して秋田港に寄港したのかな?等と考えながら写真を数枚撮りました。2枚目がロシア船です。日の丸を掲揚していますね。

そして、男鹿総合観光案内所を経由して八郎潟の大潟神社へ。
男鹿総合観光案内所は、横目に見ながら通過したことは何度もありましたが、立ち寄ったのは今回が初めてです。観光案内所の前には巨大ななまはげ像がありますが、私は、門前にあるなまはげ像の方が迫力があって好きです。下の小さななまはげは、観光案内所の中に飾ってあった置物(作品?)です。

大潟神社。伊勢神宮の式年遷宮による古材を貰い受け、昭和53年に建立された神社です。お社の本殿は見た目も伊勢の神宮そっくりの神明造りです。御祭神は、天照大神、豊受大神、そして場所柄もあり八郎太郎大神の三柱だそうです。

 

先日、自衛隊秋田地方協力隊のウェブサイトで、海上自衛隊の艦艇広報の予定が発表されましたが、今のところ秋田港にやってくるのは7月26,27日の「護衛艦すずなみ」の1回のみのようです。体験航海応募しなくちゃ…はて?どこ見ても応募の締め切りが書いてないな…(「※7月4日必着」と後日追記されていました)

まてよ?すずなみ??…あ、去年山形の酒田港まで見に行ってきましたよ。