2013年11月 の投稿をブラウズ中…

Nikonのフィッシュアイコンバータ「FC-E8」はフィルター径28mmのレンズに取り付けるコンバータです。そして、「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm」のフィルター径は37mm。「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm」に「FC-E8」を取り付けるには、37mm→28mmのステップダウンリングが必要です。こんなレアな製品があるのか?地元のカメラ屋には、こんな特殊なモノは売っているはずもないので、インターネットで探してみたところ…見つかりました。

唯一、名古屋の八仙堂というカメラ用品店で販売しているのを発見。Yahoo!ショッピングに出店していたし、価格も安かったし、Yahoo!ポイントも少し残っていたので、即注文しました。

そのステップダウンリングが昨日到着。
これです。

ノーブランド、製造国不明、「37mm-28mm」以外の表記は一切なし、アルミ製のわりとしっかりしたステップダウンリングです。

さっそく「LUMIX GH3」に取り付けた「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm」に装着。
なんでしょう?変態カメラの出来上がり。GH3にきのこが生えたみたいです。

そして試写。モデルは目つきが鋭くもかわいらしい愛猫「のら」です。

思っていた以上にちゃんと撮影できてビックリです。
コンバータレンズなのでオートフォーカスも完璧に使えます。「のら」の鼻にレンズが接触しそうな距離で撮影していますが、試してみたら被写体がレンズに接触していてもピントが合うようです。
カメラの画像縦横比を1:1に設定し、19mmくらいのズームで画面いっぱいに撮影する事ができます。
写真のセンターの鼻周辺はピントがよく合ってますが周辺はボケてますね。部屋が暗かったので開放付近で撮影しましたが、もっと明るい場所で撮れば絞る事ができるので周辺にもピントが合うかもしれません。

今度、晴れた日に外に持ち出して人に見られないようにこっそり撮影してみようと思います。

 

以前、Nikonのハイエンドコンデジ/COOLPIX950と995を購入して使っていた時期がありました。そして普通に撮影するだけではつまらないので、撮影の幅を増やそうとしてその当時発売されていた以下の5つのコンバータレンズを購入しました。

1. 3倍テレコンバータ TC-E3ED
2. テレコンバータ TC-E2
3. ワイドコンバータ WC-E63
4. ワイドコンバータ WC-E24
5. フィッシュアイコンバータ FC-E8

なかでもフィッシュアイコンバータは、珍しい全周魚眼レンズで、気に入ってよく使用していました。当時、奈良の東大寺で撮影した写真がこれ。

COOLPIX950で撮影しましたが、今見るとボケボケです。これがレンズのせいなのか、カメラのせいなのかよくわかりませんが、当時はデジタルカメラ黎明期でしたので、こんなもんだろうと納得して使っていました。

マイクロフォーサーズにもフィッシュアイレンズはありますが、全周魚眼レンズはないので
この「FC-E8」をいつかはGH2に装着して試し撮りしてみたいと思っていました。

そして、今年に入りGH3を購入してGH2がサブ機になったので、GH2をより気楽に持ち歩けるようにと、コンパクトなズームレンズ「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm」を購入。パナソニックからこのレンズ用のコンバータレンズが数種類発売されているのに気付き、もしかしたら、「FC-E8」も取り付ける事ができるんじゃないか?と気付いた次第です。

続く。

初雪

コメントなし

まだ紅葉した楓の葉が散っていないのに、早くも初雪が降ってきました。

昨夜から冷たい雨が降り続き、天気予報では明日には雨が雪に変わる模様であると伝えています。この寒さで木々の葉が散り始め、そろそろ秋田の紅葉の季節も終わりを告げようとしています。昨日はよく晴れたため、早々に車のタイヤをスタッドレスに履き替えましたが、今年の冬もまた大雪になりそうな予感がして不安を感じています。

そんな今日この頃ですが、数日前に秋田県立中央公園に行ってモミジの撮影をしてきました。
ここはカエデがキレイに色付くので、この季節のお気に入りの場所です。より鮮やかに撮影しようと思って露出補正がオーバー気味になってしまいました。

今年もまた、家の庭の楓が綺麗に色付きました。
たくさん写真を撮りましたが、その中から5枚ほどをご覧下さい。