2013年10月 の投稿をブラウズ中…

以前から、空の日まつりで秋田分屯基地に行った時や、護衛艦を見に秋田港に行った時に、小型のレシーバーを持ちイヤホンを耳に突っ込んで、でかいカメラを抱えウロウロしている人が気になっていました。調べてみたら基地と航空機等の交信を聞いて楽しんでいたんですね。そして写真を撮る時の参考にする。そう言う世界があるとは今まで思ってもいませんでした。

そしてつい先日、タイトルにあるように「広帯域ハンディレシーバー」をネットで購入してしまいました。機種はアイコムの『IC-R6』。3年程前に発売された初心者向けのベストセラー機らしいです。

届いた製品を手にしてみると、思ってたよりも小さく、しかしある程度の厚みがあるので標準よりも大きな私の手にもしっかりフィットして持ちやすいです。

こう言う製品を買うのは初めてなので、最初はどう使っていいのかよくわかりませんでしたが、2、3日マニュアルを見ながらいじくり回していたらおおよそ使い方がわかってきました。

これは鉄道写真を撮影する時も役に立つんですね。列車接近警報無線と言うのがあって、線路の近くに行くと列車の接近と進行方向を知らせてくれます。今までは時刻表を頼りにして通過時刻を予測して撮影に臨んでいたのですが、これがあれば列車の接近を正確に把握して心の準備をする事ができます。実際に聞きに行ってみたらちゃんと受信できました。在来線は男性、新幹線は女性の声でした。私の自宅付近でもかすかですが聞く事ができました。

そして航空無線(エアーバンド)。秋田空港の近くに行って聞いてみたら、クリアな音声がガンガン入ってきました。場末の田舎空港なのであまり期待していませんでしたが、かなり明瞭な、しかも日本語まじりの交信を聞く事ができて結構楽しむことができそうです。

今後はいっぱい活躍してもらいます。

今日10月14日は、体育の日であると同時に「鉄道の日」なのだそうですが、今日までの10日間ほど、秋田では蒸気機関車「C6120」が走り回っていました。秋田デスティネーションキャンペーンの一環なのだそうですが、10月5日から試験走行を始めて、12日から本日14日までの3日間は、お客さんを乗せて、秋田↔︎横手間を1日1往復していました。

今回は、私の家の近くを走るので、何度か写真撮影に行ってきました。
あまりいい写真は撮れませんでしたが、その中から4枚ほど公開します。

C61を待ってると「スーパーこまち」も目の前を通過します。

C6120は、秋田では昨年の「SLあきた路号」に続き2回目のお目見えです。昨年も10月でしたが、これが毎年秋の恒例行事になってくれれば嬉しいですね。

本日、空の日祭りを開催している航空自衛隊秋田分屯基地に行ってきました。

このイベントに参加するのは今年で3回目。過去2年は雨に祟られましたが、台風の影響か今年もまた上空を厚い雲が覆い、時々雨が降ってきました。この手のイベントには最悪の天気です。

そして、率直な感想ですが、年々規模が小さくなっているような…?
今までは2回行われていた飛行展示が今年は1回のみ、展示に参加した機体も「U-125A」と「UH-60J」がそれぞれ1機、カレーの販売も無し、太鼓も無し、飛行場をぐるぐる回るバスも無し、外部業者(?)の売店もありませんでした。売店はともかく、燃油価格の高騰が影響しているのでしょうか?2年前のヘリの地上滑走体験搭乗は楽しかったなぁ…。
空港の方では何かあったのかもしれませんが行ってないのでわかりません。

7月に予定されていたブルーインパルスの飛行展示が中止になり、同じ航空自衛隊だし代わりに何かサプライズが用意されていればいいな…♪と、ほんのちょっとだけ期待していましたが、そのようなモノはありませんでした。

そして、3回目ともなると何を撮っていいのかわからず、自衛隊機よりも旅客機を撮影した枚数の方が多いかもしれません。しかし、初めて「787」を見る事ができたのはラッキーでした。来年はもう少し変化を期待したいですが・・・どうでしょう??

謎の「M1」…いや「MI」、何のマーキングでしょう?

 

2010年10月3日午前2時15分に最後の煙草を吸ってから、本日で3年が経過しました。

「石の上にも三年」と言いますが、この3年間1度も煙草を口にする事がなかったのですから、これでやっと禁煙に成功したと自分自身が納得する事ができます。

しかし、1週間ほど前に煙草を吸おうか悩んでいた夢を見たのが、少し気掛かりではあります。