カテゴリー 秋田 の投稿をブラウズ中…

秋田港に海上自衛隊護衛艦「すずなみ」がやってまいりました。
一般公開が7月26日~27日の2日間、そして26日午後には体験航海もあり、応募したもののいつものように抽選から外れてしまいました。

護衛艦「すずなみ」を見るのは昨年の酒田港に続いて2度目。体験航海は外れたものの出航シーンを写真に収めたかったので、26日に見に行こうと思っていたのですが、急な用事ができてしまったので行けず、やむを得ず本日27日の午前中に見に行って参りました。

天気は基本的に曇り。晴れ間も覗くものの、時々雨が降り、それに加えてものすごい海風が吹き付けていて、場所によっては海水が飛ばされて身体に降り注いでくるという、あまり嬉しくないコンディションでした。

そんな中、2回乗艦して写真を撮ってきましたが、何せ2度目なので淡々と写真を撮影して、雨がひどくなってきたので、2時間ほどで帰宅しました。

そして、朝9時、新日本海フェリー出港です。

当日の風の強さはこんな感じ。強風でカメラも身体も持って行かれそうになりました。でかいMP4動画です。クリックは慎重に。

来週は昨年に続いて酒田港に、護衛艦「はまぎり」、掃海艇「やくしま」を見に行く予定です。

 

 

今年2月、雪よけのやりすぎで右股関節を痛め、その後、無理が祟って腰まで痛めることになり、今までどこにも出掛けることができずにいました。先月から病院に通い始め、ようやく少しくらいは出掛けても問題ないくらいに回復してきたので、家族の者を助手席に載せて久々にドライブに行ってきました。目的地は家族の者の希望で八郎潟にある大潟神社です。

途中、秋田港を通過した時に見慣れない巡視船を見つけました。酒田(第2管区)所属の「PS201 つるぎ」です。対北朝鮮不審船用に建造された高速船です。近くに小汚いロシア船が停泊していたので、もしかしたら違法操業をしているところを拿捕して秋田港に寄港したのかな?等と考えながら写真を数枚撮りました。2枚目がロシア船です。日の丸を掲揚していますね。

そして、男鹿総合観光案内所を経由して八郎潟の大潟神社へ。
男鹿総合観光案内所は、横目に見ながら通過したことは何度もありましたが、立ち寄ったのは今回が初めてです。観光案内所の前には巨大ななまはげ像がありますが、私は、門前にあるなまはげ像の方が迫力があって好きです。下の小さななまはげは、観光案内所の中に飾ってあった置物(作品?)です。

大潟神社。伊勢神宮の式年遷宮による古材を貰い受け、昭和53年に建立された神社です。お社の本殿は見た目も伊勢の神宮そっくりの神明造りです。御祭神は、天照大神、豊受大神、そして場所柄もあり八郎太郎大神の三柱だそうです。

 

先日、自衛隊秋田地方協力隊のウェブサイトで、海上自衛隊の艦艇広報の予定が発表されましたが、今のところ秋田港にやってくるのは7月26,27日の「護衛艦すずなみ」の1回のみのようです。体験航海応募しなくちゃ…はて?どこ見ても応募の締め切りが書いてないな…(「※7月4日必着」と後日追記されていました)

まてよ?すずなみ??…あ、去年山形の酒田港まで見に行ってきましたよ。

さて、LUMIX GH2/GH3で、COOLPIX用フィッシュアイレンズ「FC-E8」がある程度使うことができることがわかりました。そして仕舞い込んでいたCOOLPIX用のパーツの中に、マクロ用LEDライト「SL-1」があります。COOLPIX用ですので、これも当然フィルター径28mmのレンズに取り付ける事ができます。

「LUMIX GH2」に装着した「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm」に、先日購入した「37-28mmステップダウンリング」を介して「SL-1」を取り付けました。「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm」の最短撮影距離は20cm。こんなに離れると残念ながらこのライトでは光量不足であまり役に立ちそうにありません。

しかし至近距離の撮影ならば対応できそうなので、「LUMIX GH2」と「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm」の間に以前購入した「Kenko デジタル接写リングセット」を噛まします。すると簡易的ではありますが、極至近距離撮影用のマクロセットが出来上がりました。

ライトを点灯してみました。見た目は違和感をほとんど感じません。LEDが8灯のみですのであまり明るくありません。電源はカメラ用リチウム電池「CR2」が2個必要ですが、6-8.4Vの外部電源が使えます。LUMIX GH2/GH3と同じ電圧です。

実際に撮影した写真はこちら。
「LUMIX GH3」のシャッターボタン周辺です。なかなかいい感じです。また、ズーム全域でケラレは全く生じません。小さな虫の撮影などには役に立ちそうですね。

残念ながら、今現在「Nikon SL-1」はどこの店舗でも取り扱いがないようです。

今日はよく晴れたので、買い物に出掛けるついでにフィッシュアイコンバータ「FC-E8」付きの「LUMIX GH2」を持ち出しました。そして秋田大橋付近の雄物川河畔へ行き、その辺の景色を数枚撮影してきました。

よく晴れて明るかったのでかなり絞って撮影する事ができましたが、周辺部分のピントはいまひとつ。やはり他機種からの流用品ではこの程度が限界なのでしょうか?しかし、COOLPIXシリーズで撮影した写真と比べてみると、周辺部分は同等、センター部分はむしろこちらの方がピントが合ってる気もします。このレンズ自体の性能がこの程度なのかもしれません。

ただ、他にないレンズですし、これで写真を撮影するのはかなり楽しいので、これからも折々持ち出してみようと思います。

 

Nikonのフィッシュアイコンバータ「FC-E8」はフィルター径28mmのレンズに取り付けるコンバータです。そして、「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm」のフィルター径は37mm。「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm」に「FC-E8」を取り付けるには、37mm→28mmのステップダウンリングが必要です。こんなレアな製品があるのか?地元のカメラ屋には、こんな特殊なモノは売っているはずもないので、インターネットで探してみたところ…見つかりました。

唯一、名古屋の八仙堂というカメラ用品店で販売しているのを発見。Yahoo!ショッピングに出店していたし、価格も安かったし、Yahoo!ポイントも少し残っていたので、即注文しました。

そのステップダウンリングが昨日到着。
これです。

ノーブランド、製造国不明、「37mm-28mm」以外の表記は一切なし、アルミ製のわりとしっかりしたステップダウンリングです。

さっそく「LUMIX GH3」に取り付けた「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm」に装着。
なんでしょう?変態カメラの出来上がり。GH3にきのこが生えたみたいです。

そして試写。モデルは目つきが鋭くもかわいらしい愛猫「のら」です。

思っていた以上にちゃんと撮影できてビックリです。
コンバータレンズなのでオートフォーカスも完璧に使えます。「のら」の鼻にレンズが接触しそうな距離で撮影していますが、試してみたら被写体がレンズに接触していてもピントが合うようです。
カメラの画像縦横比を1:1に設定し、19mmくらいのズームで画面いっぱいに撮影する事ができます。
写真のセンターの鼻周辺はピントがよく合ってますが周辺はボケてますね。部屋が暗かったので開放付近で撮影しましたが、もっと明るい場所で撮れば絞る事ができるので周辺にもピントが合うかもしれません。

今度、晴れた日に外に持ち出して人に見られないようにこっそり撮影してみようと思います。